エルゴローション


エルゴローションの主成分

エルゴチオネインは 1990年に麦角から発見され、1911年に化学構造式が決定された
アミノ酸のひとつです。自然界にはキノコ類などの菌類や一部の細菌のみが合成できる
アミノ酸で、溶ける性質を持ち、熱や酸に強く、120℃に2時間浸けて置いてもほとんど影響を受けません。 エルゴチオネインは元々多くの生物に存在しますが、動植物では生み出すことができないため植物は土壌細菌が生み出したものを根から吸収し、

動物は植物を摂取することによって体内に取り込みます。

この「エルゴチオネイン」は

毛髪やお肌に対して今までに

ない効果と安全性を持ってい

ます。

 

抗酸化力がビタミンEの

7000倍と言われてますが、



何しろ原価が高くて、大手

メーカーが、良さはわかってい

るけど、



手が出せない状態だった

みたいです。

でもキノコから

抽出することで、ややお手軽

になってきたそうです。


根本からくせ毛を改善する

ご家庭用のエルゴローション

、販売開始です。

顔につけても口に入れても

問題のない成分で作られてい

ます。


「髪がうねって嫌だ」

「もっと髪のボリュームが

欲しい」

「根本から髪質を改善したい」


「バサバサの毛先につけて

しっとりサラサラにしたい」


絶対に重くならないブローローションがほしいな。


などの方々におすすめいたします。

 





               ¥4,600(税抜き)






















               


 頭皮リンパマッサージ

近日中開始します。


 トップ